管理薬剤師の派遣事情について知りたい方へ!

派遣の管理薬剤師の実情

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

規制緩和の流れにのって、労働者派遣法という法律が改正され、2000年から一部例外はありますが、薬剤師の派遣が許されるようになりました。派遣される先として一番多いのは調剤薬局です。薬剤師として、調剤薬局などに就職しようとした際、パートタイマーワーカーとして働くこともできますが、派遣会社を通して就職する方が、給料が高く、働く期間や時間、勤務地などを選択できるというメリットがあります。また、派遣の方が、一定期間で職場が変わっていきますから、色々な職場をできるのも、魅力の一つです。

薬剤師の派遣は許されるようになったのですが、管理薬剤師の派遣はまだ認められていません。それは、雇用形態に起因しています。派遣となると、雇用主は、あくまでも派遣会社になってしまいます。管理薬剤師というのは、薬局や店舗の経営に関することまで管理する責任がありますから、雇い主が派遣会社であると、様々な面で弊害が生じてくることが予想されます。経営上外部には漏らしたくない情報もあるでしょうし、取引先との信頼関係も築きにくくなってしまします。こうした理由により、管理薬剤師の派遣は許されてはいないのです。

けれども、管理薬剤師の派遣がすべて違法かというと、実はそうではなく、「紹介予定派遣」という方法でなら派遣が可能となります。これは、まず、一般薬剤師として派遣で働き、6か月から1年くらいたったところで、派遣先も薬剤師本人も、そこ働き続けることに合意した場合は、管理薬剤師として正社員採用するというものです。この派遣方法は、2000年12月に解禁となりました。お互いの合意を得た上で、派遣会社の手数料を支払って決定するという流れになります。

紹介予定派遣では、製薬会社や医療機器会社への派遣が多いです。こうした企業は、管理薬剤師としての実務経験を採用の条件にはしていないところが多いです。派遣として働いている間に職場にも慣れ、仕事内容も把握でき、正社員になってもスムーズに移行できるというメリットがあります。勤務条件が良かったとしても、職場の雰囲気が自分に合わないことも、多々あります。合わなかったら、契約期間が過ぎたところで、違う職場へ変わればよいですし、ぴったりだと実感できたら、そこで正社員として働くことができます。また、普通の求人よりも、給与が高く設定されている場合が多いのも、魅力の一つです。

紹介予定派遣は採用される前にお互いを知り合うことができるので、採用に関して失敗を減らすことができますし、求人募集を改めてするためのコストをカットすることができます。雇う側の企業にも雇われる側の薬剤師にとっても、利点が多いので、今後は、このような採用方法を取り入れる企業が増えていくと思われます。

派遣の管理薬剤師求人を探すならココがオススメ!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら