管理薬剤師の英語スキルについて知りたい方へ!

管理薬剤師に英語スキルは必要!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

最近では、薬剤師にも、あらゆる場面において英語能力が必要とされてきています。近年の社会情勢が影響し、海外から日本に移り住む外国人の数の増加や、医薬品業界のグローバル化に伴って、今後はますます、英語力の重要度が増していき、薬剤師として生き残るために必要なスキルとなってくるであろうと言われています。実際、英語能力を必要とする薬剤師の求人数は、多くなってきています。

具体的に、どういった面で薬剤師に英語能力が求められているのかというと、海外からの移り住む外国人の数が増えたということで、外国人の患者も増えています。そうした人達と直接接することになる、町の調剤薬局や病院などに勤務する薬剤師は、英語でのコミュニケーション能力が求められます。服薬指導も英語でおこなわなればなりません。また、一般の薬剤師が英語ができても、それを監督する責任のある管理薬剤師に英語力がなければ、監督・指導できませんから、管理薬剤師は、それ以上の英語力が必要です。目安としては、TOEICで600点以上の力が求められます。

一般企業の努める薬剤師も、英語能力が求められています。医薬品のグローバル化が進み外国社製の医薬品や医療関係用品を取り扱う機会が増えました。薬の内容や副作用など、薬の情報を正確に把握している必要がある管理薬剤師は、英語で書かれた説明書を読解する力や、取引先と交渉したり様々なやりとりを英語でおこなう英会話力が必要となります。そのレベルは相当高いものが期待されており、TOEICでは800点以上ないと、仕事を円滑の進めていくことはできないでしょう。

一般企業で薬の開発事業に携わる管理薬剤師も、英語力が必要になります。海外から、薬の原料となるものを輸入したり、また輸入した医薬品に関連する様々な情報を収集したりするとった業務をおこなうためには、英語の読解力が必須のスキルです。海外の様々な薬に関する文献を集めて研究する学術関連の仕事では、海外の文献を日本の企業に分かりやすいように翻訳したりするために、英文読解能力が求められます。

新薬を開発し、厚生労働省に認可してもらうためのデータを集める治験関連事業は、最近では、分業化が進み、臨床開発モニターと称して、様々な企業が参入してきています。そこには、外資系の企業も増えてきています。また、治験データを管理するデータマネージメント関連の企業でも、日本での治験データを海外データと比較研究するために、やはり英語力が必要とされています。

このように勤務先を問わず薬剤師には、英語力が必要とされています。業務内容によって英語のどういったスキルが重視されるかは、違ってきます。今の時代、英語はコミュニケーションの一手段として捉えている方がほとんどだと思われますが、薬剤師という職種において、特に管理薬剤師では、英語の力があると様々な仕事に就ける機会が増えるでしょう。

英語を活かせる管理薬剤師求人を探すならこのサイト!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら