管理薬剤師の仕事内容について知りたい方へ!

管理薬剤師の主な仕事内容について

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

管理薬剤師の仕事とは、大まかに分けると医薬品と従業員の管理、情報収集です。実際には勤務しているところによって、仕事内容は変わってきます。管理薬剤師が勤務している先には、医薬品卸会社や調剤薬局、ドラッグストアなどがあります。

医薬品卸会社に勤務する管理薬剤師の仕事は、薬事法に基づいて医薬品の在庫管理やデータ処理、品質管理をおこないます。製薬会社や取引先の医療機関とのパイプ役を務めます。また、配属される部署によっては新薬の管理開発や、厚生労働省から新薬の認可を受けるための治験データを集めたり、病院の医師に対して医薬品や医療機器を販売することも、仕事となります。非常に多岐にわたった仕事ができるので、薬や治験の知識・経験を生かすことができます。

調剤薬局などで勤務する管理薬剤師の仕事は、従業員や医薬品、薬局の管理と、情報提供業務、それから、一般薬剤師と同じく調剤業務と服薬指導です。薬局の営業時間中は、常に薬局の中に勤務していなければなりません。管理薬剤師がいないと、医薬品の販売ができなくなります。やむを得ず、不在にする時は、医薬品を覆いなどで隠すなどして、販売できないことを消費者に示しておかなければなりません。医薬品の販売の際には、消費者がその医薬品を正しく服用するための服薬指導をすることも、重要な仕事の一つです。また、医薬品の陳列方法は、医薬品と医薬品でないものとを混ぜて陳列してはいけませんし、医薬品でも第一類、二類、三類医薬品の区分ごとに陳列しなければならないと法律的に定められています。医薬品の陳列作業も管理薬剤師の仕事になります。また、薬を保管する場所や量も管理します。薬局・店舗が閉まったあとなどに、薬の発注や管理などをする人が多いようです。

従業員の管理も重要な仕事の一つです。患者に対して薬の服用の仕方や効果、副作用などの説明を適切におこなっているか、患者に接する態度は良いかなどをみます。一般の薬剤師が対応できないような専門的な部分も、管理薬剤師が対応します。また、従業員のシフトの管理もおこないます。薬局・店舗の経営管理もおこないます。たとえ、管理薬剤師本人が経営者でなくても、管理する責任があり、経営者に意見することが求められます。

ドラッグストアでは、医者の処方がなくても購入できる一般用医薬品を販売します。販売の際には、消費者の相談にのって症状を聞き、適切な薬を選んであげる必要があります。安心して消費者が薬を服用できるためのサポートをすることが、一番大きな役割です。

管理薬剤師になりたいならこのサイトで求人を探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら