管理薬剤師の残業頻度について知りたい方へ!

管理薬剤師の残業は頻繁!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

管理薬剤師として働いた場合、残業があるかどうかというのは、とても関心のある部分でしょう。特に、管理薬剤師となると、一般薬剤師と違って、調剤業務の他にも薬局・店舗の管理運営業務もおこなわなければならず、仕事量としてはかなりのものがあると言われいますから、実際のところはどうなっているのか気になるところでもあります。勤務している職場によっても、当然違ってきます。

調剤薬局で働く管理薬剤師は、薬局の経営者本人である場合もありますから、そうなると当然残業は発生するでしょう。薬局の営業時間内は、調剤業務などの患者の対応に追われていますから、薬局が終了した後に、薬の管理や発注、事務処理などの業務をおこなわなければなりません。また、少し規模が大きいところになると、営業時間が終了した後に、勉強会や研修、会議などをおこなうところがあります。それも残業といえるでしょう。病院に勤務する薬剤師の中には、当直があるところもあります。

管理薬剤師に限りませんが、連休前や風邪が流行して患者の数が増える時期には、営業時間内だでは、仕事が終わらず残業となることもあるようです。ですから、薬局の規模や、立地条件や時期によって、残業時間は大きく変わってきます。目安としては、管理薬剤師の平均的な残業時間は、月に25時間くらいと言われています。週5日勤務であるとすると、毎日平均1時間程度の残業となります。これは、一般的なサラリーマンよりも少ないレベルです。

一般企業に勤める管理薬剤師も、それほど残業が多いわけではないようです。製薬メーカーでの平均的な残業時間は、月に10時間未満と言われています。ただ、これも、部署によって、違いが出てきますから、一概に残業は何時間ということはできません。また、残業をおこなっても、残業手当が出る企業は少ないようです。薬剤師の職場に限ったことではないのですが、全体的な傾向として、企業は残業を歓迎していません。ですから、残業した時間分の手当がきっちり支給される企業は少ないのかもしれません。

管理薬剤師の求人情報を見てみると、残業はない、あるいはほとんどないと、条件欄に書かれている企業がたくさんあります。実際、そのように書いてあっても本当に残業がないのかどうかは、働いてみないと分りません。けれども、一つの目安となるでしょう。あるいは、生活環境的にどうしても残業ができないとしたら、就職先を決める段階で、しっかりとその希望を伝えておくと良いでしょう。インターネットの求人情報サイトでも、登録の際には就職条件として、残業ができるかできないかを、加えておくと希望に合った就職先が見つかるかもしれません。

残業の少ない管理薬剤師求人なら転職サイトで探そう!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら