管理薬剤師の募集の探し方をご紹介

効率的な管理薬剤師の募集先の探し方

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

もともと、薬は病院内で処方していましたが、厚生労働省がすすめた医薬分業の制度によって、病院外で処方するようになりました。そのため、調剤薬局が増えてきています。数年前の調査によると、調剤薬局の数は、驚くことにコンビニエンスストアの数よりも多いそうです。今後もますます増えていくことが予想されています。それに伴って、そこで働く薬剤師の求人募集も増えています。薬剤師自体が非常に求人の多い職業となっています。

けれども、管理薬剤師の募集に関しては、一般的にはそれほど多いという印象はないようです。それはなぜかというと、管理薬剤師は、多くの場合、その職場でずっと一般勤務薬剤師として働いてきた人を昇進させるという形で選ぶからです。その方が、その職場に関しても精通していますから、経営者側も安心して任せることができるのです。そうした一面もありますが、実は、薬剤師というのは、入れ換わりも非常に激しい職種でもあるのです。

薬局やドラッグストアなど医薬品を扱うお店を開くための条件として、必ずそこに一人以上の管理薬剤師を常駐させておかなければならないことが、薬事法でも定められています。ですから、既存の調剤薬局に勤めていた管理薬剤師が辞めてしまったら、すぐにでも、経営者は、別の管理薬剤師を募集しなければなりません。また、新しく薬局やドラッグストアを開設・開業する場合も、管理薬剤師が必要となりますから、募集されます。

管理薬剤師の募集先の探し方としては、薬局や店舗に求人広告が出されていたり、求人雑誌をチェックするなどの昔ながらの方法があります。最近では、もっと効率的に募集先をみつけることができる薬剤師専門の支援サイトの活用が主流となっています。求人数はかなり多いので、希望にあった就職先を見つけらるチャンスもその分多くなるでしょう。なにより、求人支援サイトに登録すると、薬剤師専任のコンサルタントが対応してくれ、履歴書の書き方から面接のコツまで指導してもらえます。たくさんの情報の中から、自分の希望を満たす募集先を選びだすのは、かなりの労力を必要としますから、専任の目から、自分に合った求人を教えてもらえることは、最大のメリットと言えるでしょう。また、求人支援サイトを利用すれば、求人雑誌にも載っていない非公開情報も教えてもらえます。いち早く情報を取得し、有利に就職活動をおこなうことができます。

管理薬剤師の募集は以下のサイトで多くされてます!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら