管理薬剤師の副業についてご紹介

管理薬剤師は副業OK!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

薬剤師という職業は、他の職種に比べて一般的に給与が高めに設定されています。ですから、薬剤師として勤務するほかに副業をおこなう必要がないように思われますが、実際には、薬剤師個人個人で事情も違うでしょうから、金銭的にどうしても、兼業しなければならない方もいらっしゃるかもしれません。一般の薬剤師であれば、法律的にも特に副業は禁止されていませんから、基本的にはできます。ただ、現在勤めている職場の規則が、副業を禁止していれば、当然できないことになります。また、公立病院で働く薬剤師は、身分が公務員扱いとなりますので、副業はできません。現状では、昼間、調剤薬局で勤務して、夜間にドラッグストアで働くという薬剤師の方もいます。

一般の薬剤師は副業が許されていますが、管理薬剤師は、薬事法で法律的にも副業をしてはいけないと定められています。厳密に言うと、薬剤師の免許を使って仕事を兼業してはいけないというものです。ですから、逆に言えば、薬剤師としてではない形であれば、現在働いている職場の規則で副業を禁止していないのであれば、副業ができるということです。

管理薬剤師が薬剤師として副業をしてはいけない理由としては、管理薬剤師というのは、薬局や店舗、勤務している所属部署においては、そこの管理を任された人です。法律的には、365日24時間、管理していなければいけないことになっています。もちろん実際には休日や営業時間がありますから、その時間内だけの管理とはなりますが、意味合いとしては、そういうことなのです。ですから、管理業務の傍ら、他の仕事を兼業することは無理ですから、副業は禁止となるのです。もし、副業していることが発覚したら、管理薬剤師としての管理業務を怠っているとみなされて、管理薬剤師を交代するよう命ぜられたり、最悪、薬局・店舗が営業停止処分や営業認可を取り消されたりすることになります。

管理薬剤師の中には、学校薬剤師を兼務する人がいます。幼稚園や小、中、高校には、学校の環境衛生について検査、指導をおこなう学校薬剤師を必ずおかなければなりません。これは、薬剤師の資格をもった人がなります。そして、業務は非常勤ですから、管理薬剤師が兼務することができます。ただし、その場合は、都道府県知事の申請し、きちんと許可を受けなければなりません。そして、管理薬剤師が、学校薬剤師の業務をおこなうために、薬局などを不在にしている間は、当然薬局においては、医薬品の販売はできないことになります。

薬剤師の仕事は、量的にも非常に多いですし、人の命に関係するとても責任の重いものです。仕事の疲れでミスをして、とりかえしのつかないことになることも、あるやもしれません。できることなら、薬剤師の副業は、控えるほうが賢明でしょう。

管理薬剤師の求人探しならこのエージェント!!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら