管理薬剤師の転職事情についてご紹介

管理薬剤師の転職のコツとは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

管理薬剤師に限ったことではありませんが、転職する場合、まずは、いったい今の自分の職場のどこに不満があるのかを、じっくりと考えてみるべきです。仕事内容なのか、労働環境なのか、給与なのか、それとも人間関係なのか、様々な観点から考えてみます。そして、次にその不満な要素は、もうどうすることもできない状態なのかどうかを考えてみます。どうにも解決方法が見いだせないとなったら、転職することを真剣に考え始めればよいでしょう。安易に転職しても、また同じ失敗を繰り返してしまうことになってしまうでしょう。

今の職場に対する不満な点がしっかり自分で分かっていれば、自分が求めている条件もおのずとはっきりしてくるでしょう。希望する転職希望をはっきりと持ち、今後将来的に自分はどうなりたいのかというキャリアプランを持つことが、転職する際には、とても大切になってきます。極端に言えば、これだけは絶対いやだという、いやな条件だけでも、はっきりさせておくのも、一つの手段です。

管理薬剤師の転職を成功させるには、いくつかのコツがあります。転職する際に、情報を得る手段としては、店舗先に貼られた求人広告や、求人雑誌やハローワークなどがあります。けれども、効率的に転職するためには、薬剤師転職支援サービスを利用するとよいでしょう。インターネットの薬剤師専門の支援サイトに登録すれば、とてもスピーディーに転職することが可能になります。

現状において、管理薬剤師の求人は非常に多いです。薬事法で定められている通り、一店舗・一薬局に必ず一人以上の管理薬剤師が常駐していなければなりません。ドラッグストアや調剤薬局の数は今後も増え続ける傾向にありますから、求人数はかなり確保されていると言えます。しかし、管理薬剤師の求人は、非常に急であることが多いのです。管理薬剤師が不在になってしまうと、薬を販売することもできないですし、新しく店舗を開業することもできないのですから、急いで求人募集をかける必要があるのです。

厚待遇で求人募集を出していることも多いのですが、実際にはそれらのほとんどが、非公開であることが多いのです。そうなると、求人雑誌やハローワークなどでは、当然求人先を見つけることができません。そうした非公開の情報を集めるためには、薬剤師専門転職サイトの登録が有効なのです。サイトの中には、全体の75%が非公開求人で、登録した人だけが優良な条件の案件を紹介してもらえるものもあります。薬剤師専任のプロがコンサルタントを担当し、経験やスキル、希望条件などを考慮し求人先を紹介してもらえます。また、調剤薬局や病院以外の臨床開発モニターや治験コーディネーター、製薬会社など一般企業への転職サポートも受けられるサイトもあります。

管理薬剤師に転職するなら、サポートが充実しているサイトで!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら