管理薬剤師の勤務時間をご紹介

管理薬剤師の勤務時間は長い?

→薬剤師求人サイトランキングを見る!

管理薬剤師の勤務時間については、きちんと薬事法で、1週間あたり40時間以上確保するようにと法律的にも定められています。1週間に5日勤務すると考えると1日に8時間勤務ということになります。管理薬剤師が勤務している場所は、調剤薬局やドラッグストアなどがありますので、当然、実際の勤務時間というのは、その勤務する場所によって、若干違ってくるでしょう。

管理薬剤師というのは、薬局や店舗において医薬品やその他物品の管理など薬局業務全般をおこなわなければならない人なので、営業時間中は、常にそこにいなくてはなりません。管理薬剤師がいないと、医薬品を販売することができなくなってしまいます。そうは言っても、どうしても勤務できない時や時間帯があるでしょう。たとえば、薬剤師として介護施設などの業務や学校薬剤師業務などにあたらないといけない時などがあります。一時的に薬局・店舗にいられない場合は、その時だけ販売している医薬品をカーテンなどで隠して、現在販売はしていないということが消費者に分かるようにしておきます。また、長期間不在になってしまう場合は、他の薬剤師を管理薬剤師として代行させなければなりません。もちろん、管理薬剤師が複数人いるところであれば、交代で勤務することなどできるでしょう。

薬局や店舗の営業時間中の仕事はもちろんですが、営業時間が終了した後でも、仕事はまだあります。薬剤師としての調剤業務は終了しても、管理者としての仕事があります。薬の発注や薬の管理、事務仕事など残務処理で残業をすることもあり得ます。けれども、多少残業したとしても、一般企業のサラリーマンの勤務時間より短いこともあります。

また、最近増えているドラッグストアーにおいては、調剤薬局よりも店舗の営業時間自体が長いので、勤務時間も長くなることがあります。けれども、ずっと一人で勤務する人もいれば、他の管理薬剤師と交代で勤務する場合もあります。勤務する店舗の方針や、本人の希望などで、どのような勤務形態になるのかが異なってきます。

実際には、管理薬剤師というポジションにいない勤務薬剤師の人でも、残業などをしてそれなりの勤務時間をこなしている人が中にはいます。管理薬剤師であれば、手当がつくので、働いた分が給与に反映されますが、一般の薬剤師には手当がつきません。責任が重くなって仕事的にはきつくなるかもしれませんが、働いた分の給与を手にしたいのなら、管理薬剤師として勤務することをお勧めします。

管理薬剤師の求人をお探しならこのサイトがお奨め!

対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社リクルートメディカルキャリア
公式ページ リクナビ薬剤師のサイトへ
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 株式会社マイナビ
公式ページ マイナビ薬剤師のサイトへ
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 全国
利用料金 無料
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公式ページ 薬キャリのサイトへ
薬キャリ申込みはこちら